他の女(ひと)に抱いていたら

振り返ると、間近にパクさんの顔があった。
驚いてたじろぐと、踏み台が不安定に揺れ、バランbotox 瘦面 スを崩す。
その瞬間、パクさんにギュッと背中を抱き寄
せられた、

「…酷くない。君がここに来てくれるようにって願って
一所懸命ここまでやってきたんだ、どこにいるかもわからない君が来る事を願って。」

その旨の暖かさが心地よくて、ドキドキして、
ここままずっと、抱きしめていて欲しいと思った。
そっと彼女が目を閉じた瞬間、ユチョンはパッと腕を離した

「で、どの本が読みたい?取ってあげるから」

その笑顔は、友達然とした爽やかなものであった。
友達…私がそれならって迪士尼美語評價承諾したんだもの。
でも、妙にあの時からパクさんは、 私に本当の友達みたいに接してる

もしかして、彼女と毎日接してるうちに、心が揺れ始めてるんじゃ
パクさんは女性にモテるし、私がいなくなっても相手に困る事はないだろう。
じゃあ、パクさん自身が新たな恋をしたとしたら?

私は、去っていく彼を受け入れて忘れ
られる?

「はい…じゃ、じゃあこれ…」

「これだね、はいどうぞ。困ったらいつでも呼んでね」

「はい…」

「パクさーん!あ、いたいたぁ。あっ…ずるーい、私にも本取って〜」

「良いですよ。。どれです?」

彼女と談笑しながら、パクさんは向こうへ消えていった。
彼女dermes 投訴は本を胸に抱きしめながら、息を深く吐き出した。
もしも、私とパクさんが出会った頃のような気持ちを、他の女(ひと)に抱いていたら。